受付時間 9:00〜18:00
(土日祝はお休み)

有料職業紹介 許可番号 13-ユ-309036
  • facebookでシェアする
  • tweetする
  • LINEで送る

獣医学部偏差値の紹介と獣医大学選定のポイントについて

獣医学部偏差値の紹介と獣医大学選定のポイントについて

この記事では獣医師を目指す学生のために獣医学部の偏差値を紹介し、それぞれの大学の特色や教育の質を比較します。また、獣医大学を選ぶ際の重要なポイント、如何に自分のキャリア目標や学習スタイルに合った大学を選ぶかについても解説します。

獣医学部とは?基本的な知識

獣医学部とは獣医師を目指すために動物に関する広範囲な知識を学ぶ学部です。人間の医学と同じく、解剖学、生理学、細胞学、微生物学、公衆衛生学など多岐にわたる科目が存在します。また、獣医としての実践力を身につけるための診療実習も行なわれています。クリニックでの診療を行う獣医師の他にも、食品の衛生安全を確保する食品衛生検査に関する職業や動物の病気についての研究者等、多岐にわたる職業に繋がる分野です。

獣医学部の役割とは

獣医学部の役割は、動物の健康と人間社会の健全な発展を支えることです。実際に、獣医師として活動する人はもちろん、食肉等の衛生管理に従事する人、動物に関する研究を行う科学者や、さらには保健所の獣医師など、さまざまな領域で活躍しています。そのため、動物の生理や疾患、解剖学や感染症などの基礎知識をしっかり学び、それをもとに獣医師としての技術を磨くだけでなく、社会全体の健康を見つめる視野も求められます。

獣医師に求められるスキルと資質

獣医師に求められるスキルと資質

獣医師には様々なスキルと資質が求められます。まず、映像診断や手術技術などの技術的なスキルが必要です。これは獣医学部で学ぶ基礎学力と実践力がもとになります。また、動物への思いやりと愛情も強く求められます。動物は人間のように言葉で自分の痛みや不調を伝えることができません。だからこそ、動物のさまざまな様子から彼らの健康状態を読み取る洞察力も必要とされます。加えて、飼い主とのコミュニケーション力も大切です。獣医師は飼い主の話を丁寧に聞き、信頼関係を築くことが求められます。

具体的な職業例とその役割

獣医師と聞くと、まず思い浮かぶのが動物病院で働く獣医師でしょう。獣医師の主な仕事は動物の診療、手術、予防接種、病気の予防および治療といった事です。しかし、それ以外にも、食品の衛生管理を行う職業などもあります。仕事内容としては食肉加工場で動物の健康管理や衛生管理を行う重要な役割を担っています。また、疾病の早期発見や新薬の開発などを行う研究所で働く獣医研究者もいます。それぞれ違った職場で活動していますが、その共通点は動物の健康と食品の安全を守るという大切な役割を担っていることです。

全国の獣医学部一覧と偏差値情報

日本全国で開講されている獣医学部のうち大学の数が多い関東、北海道、中国・九州地方について一覧とそれぞれの偏差値情報をまとめました。獣医学は、獣医師として活動するために必要な知識や技術を習得するための学問であり、獣医師の資格を得るためには国家試験の合格が必要となっています。そんな獣医学部への進学を検討する際には、志望校の選定に偏差値は重要な指標となるでしょう。こちらで全国の各大学の獣医学部について、偏差値情報とともに詳しく見ていきましょう。

関東地方の獣医学部の偏差値

関東地方には、東京大学、日本大学、東京農工大学といった獣医学部を設置している大学があります。これらの大学の偏差値は非常に高く、各大学の偏差値は60~70の範囲となっています。特に東京大学の獣医学部は、その頂点に立つ存在であり、全国でもトップクラスの偏差値を誇っています。一方で、日本大学や東京農工大学も安定した高偏差値を維持しており、高い学力を求められる学部であることがわかります。次に、関東以外の地域と比較したときも、関東地方の獣医学部の偏差値は全体的に高い傾向にあり、その競争率の高さが伺えます。

※注:偏差値は計測したテストによって変動します

大学 学部 偏差値
東京大学 理科Ⅱ類(獣医学課程) 66
東京農工大学 農学部 共同獣医学科 63
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 62
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 60
麻布大学 獣医学部 獣医学科 60
北里大学 獣医学部 獣医学科 60

引用:東進ハイスクール “合格可能性50%大学偏差値ランキング”より

北海道地方の獣医学部の偏差値

北海道地方には、北海道大学の獣医学部があります。北海道大学の獣医学部は、国内で高い評価を受けており、偏差値も高水準を保っています。偏差値は60以上とされ、獣医師を目指す学生にとっては非常に競争が激しい学部の一つです。北海道大学の獣医学部は、豊かな自然環境の中で獣医学の教育と研究を行っており、動物医療だけでなく、野生動物保護や環境保全に関する分野でも高い実績を誇ります。そのため、全国から優秀な学生が集まることで偏差値の高さが保たれています。

※注:偏差値は計測したテストによって変動します

大学 学部 偏差値
北海道大学 獣医学部 65
帯広畜産大学 畜産学部(共同獣医学) 61
酪農学園大学 獣医学群 58

引用:東進ハイスクール “合格可能性50%大学偏差値ランキング”より

中国・九州地方の獣医学部の偏差値

中国・九州地方の獣医学部の偏差値は60を超えることが多く、獣医学を志す学生にとっては非常に人気が高い学部となっています。また、地域社会と連携した動物医療サービスの提供や動物福祉への取り組みも積極的に行っており、実践的な教育が行われています。このような教育環境の充実が、偏差値の高さを支えています。

※注:偏差値は計測したテストによって変動します

大学 学部 偏差値
鳥取大学 農学部 共同獣医学科 60
山口大学 共同獣医学部 60
宮崎大学 農学部 獣医学科 60
鹿児島大学 共同獣医学部 獣医学科 60

引用:東進ハイスクール “合格可能性50%大学偏差値ランキング”より

獣医学部の選び方

獣医学部の選び方は、ただ単純に偏差値が高い大学や知名度がある大学を選ぶだけではなく、獣医学に特化した専門的な知識や技術を身に付けるためのカリキュラムや研究設備、また自身が志望する職業に必要な資格取得への対応等、様々な視点から選ぶことが重要です。

獣医学部選びのポイント

獣医学部選びの最重要ポイントは、その大学があなた自身の将来の展望に適しているかどうかです。家畜の治療を行うための一般病院を想定しているのか、それともペットの診療を行う動物病院を目指しているか、あるいは野生生物への治療や予防医学、動物の行動学などの研究に興味があるかなど、それぞれの目指す道に必要なカリキュラムや施設が整っているか確認しましょう。

獣医系の大学選びで重要視するべき要素

大学選びで重視すべきことは、大学の教育方針や大学内の研究環境、実績、さらにはキャンパスライフも含めたあなた自身にとっての生活環境も重要です。教育方針は大学のカリキュラムや授業内容、教員等に大きな影響を与えます。あなたが求める教育を提供しているか、そのために必要な設備や研究環境が整っているかどうかを確認しましょう。また、留学生との交流の機会や国際交流が盛んな大学は視野を広げる機会を提供します。

学部ごとのカリキュラム比較

獣医学を学ぶためには専門的なカリキュラムが重要となります。大学ごとに専攻科目や必修科目は違いますので、それぞれのカリキュラムを比較し、自分の目指す道に適しているかどうかを見極めることが必要です。また、サポート体制や研究活動が活発かどうかも重要な要素となります。その大学で取れる専門的なスキルや知識は、自分のキャリア形成にどのように効果を発揮できるのか、深く考えることが重要です。

獣医学部の学生生活

獣医学部は医学部と同様に専門的な知識と技術を身につけるため、講義や実習が中心になります。医学部学生との違いは対象が人間ではなく、さまざまな動物たちであることです。成績に加え、動物への理解と思いやりも求められるのが、この学部の特徴的な点です。

獣医学部生の1日

普通の大学生と比べて獣医学部生の1日は多忙でしょう。大学によって違いはありますが、午前中に講義、午後に実習が行われることが多いようです。また、実習室での学習は非常に重要であり、解剖学や病理学など獣医師としての知識を実践的に学びます。

実習は大学内に設置された動物病院で実地研修が行われることもあります。これらの体験を通じて、より実践的な視点を持つことができます。その後は自由時間となり、自習時間やアルバイト、プライベートな時間となります。ただ実習や講義で学んだことの理解を深める必要がありますので自分で時間をやりくりして勉強に充てる必要があります。

卒業後の進路と準備

獣医学部を卒業した後、最初に直面するのが国家試験の受験です。一人でも多くの動物たちを救う獣医師としての道を歩むためには、試験に合格することが条件となります。また、試験の内容は幅広く、細かな知識が必要となります。そのため、試験対策をしっかりと進めることが必要です。

また、国家試験に合格した後の進路は様々で、動物病院での勤務や大学の研究施設で働くなど多岐にわたります。そのため、自分のやりたいことや適性に合わせて進路を選ぶことが重要となります。進路選択のための情報収集や、具体的な準備は早めに始めることをお勧めします。

学費や奨学金の情報

獣医学部の学費は一般的に高額とされていますが、それは大学の所在地や公立・私立により異なり、主な費用としては入学金、授業料、実習費用などあります。このほか、教材費や国家試験の受験料も覚悟しておく必要があります。年間にかかるおおよその費用としては国公立は約80万円、私立は250万円前後となります。
※注:国立は一律、私立は各大学の金額を参照

また、学費の負担を軽減するための奨学金制度があります。例えば、“日本学生支援機構”からの奨学金などがあります。この他にも、大学ごとに独自の奨学金制度があるので調べてみることをおすすめします。

在学生や卒業生からのアドバイス

獣医学部の在学生や卒業生からのアドバイスは、現場の生の声を聞くことができ、非常に貴重な情報源となります。学習方法や試験対策、実習についてのアドバイスなど、現場でしか得られない情報を提供してくれます。

また、卒業生からは、就職活動の苦労話や職場での経験談、これからの動物医療業界の動向など、さまざまな視点からのアドバイスが聞けます。これらの声を参考にして、自分自身の進路を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

獣医学部選定は、偏差値だけでなく、学べる分野の多様性、実習の質、将来のキャリアパスにも大きく影響します。各大学の特色を理解し、自身の興味と目標に合致する学びの場を選ぶことが重要です。夢に向かって一歩を踏み出す学生たちには、多彩な進路が開かれています。獣医師としての専門性を高め、社会に貢献するための基盤を築きましょう。